特集☆名古屋のスポーツジム6選

トップ > スポーツジムの情報-名古屋- > スポーツジムでインターバルトレーニングをする

スポーツジムでインターバルトレーニングをする

 世界最大のスポーツジムがある名古屋には、大手から個人のスポーツ施設があるので運動が盛んな地域になります。
トレーニングをするにはスポーツジムで指導を受けることが一番で、競技をやっている人はプログラム化されたトレーニングをこなすことでスキルアップができます。
トレーニングの種類にはインターバルトレーニングがあり、高い強度の運動と低い強度の運動を交互に繰り返すことで一定時間のトレーニングをこなします。
高強度運動では運動の心拍数を高く設定して毎分180拍くらいまで高めることが必要となり、低強度運動では120拍くらいまで下がるようにコントロールする必要があります。
この低強度運動は不完全休息という位置になるので、運動スキルとしてインターバルトレーニングと名づけられています。

 インターバルトレーニングを実践するにはランニングがやりやすく、例えば200メートルを速く走り200メートルを歩くか軽いジョグをして休息を取るのを繰り返すトレーニングがあります。
繰り返すには回数と時間が考慮されますので、10回繰り返すか30分間やってみるなどの負荷数値を設定することです。
インターバルトレーニングのメリットとしては、不完全休息をとることによって速いペースで走るレースの模擬になり、またレースを上回るペースで走ることで呼吸や循環器などに強い刺激を与えることができます。
その結果、体の中で強くなるのはスピードを速くすることができ、全身持久力を改善することができる効果が期待できることがメリットです。
特に持久力に自信がない競技者においては、その効果はかなり期待できます。

 このインターバルトレーニングは、マラソンなどの長距離選手だけではなく中距離や短距離選手にも有効なトレーニング方法となります。
そして球技などの選手に対しても有効なのは持久力の向上だけではなく、スピードを重視した競技においてもスピードを維持することができるので大きな意味を持っています。
筋持久力を向上させることができるので、バスケットボールの終盤でのスピード、バレーボールで疲労している状況でのジャンプ力、野球などは投手は特に投球スピードを落ちないようにさせる筋持久力がつくので、トレーニング効果は絶大です。
スポーツジムではトレーナーやインストラクターなどが指導することができますので、プログラムをこなすことで運動効果を確かめることができます。
あくまでも専門的な知識が必要なのですが、精神的な強さもできることもメリットです。

次の記事へ

カテゴリー