相手の好意を無にしない出産内祝い選び

我が子の誕生に喜んでくれ、お祝いを贈ってくださった方には、心からありがとうの気持ちでいっぱいになると思います。感謝の気持ちを喜んでいただける出産内祝いでお返ししたいと考えている方がたくさんいます。喜んでもらうには相手の年齢や家族構成、趣味嗜好を考えて、相手側にたった贈り物をすることが大切になってきます。また、出産内祝いで大切になるのは贈る品物だけではありません。お返しの金額、相手への届け方、お渡しするタイミングなど様々なマナーが存在します。マナーもしっかりと抑えてお返しすることで、お祝いを贈ってくれた方も気持ちよく内祝いを受け取ってくれます。相手のご好意を無にするようなお返しは避けたいところです。また、地域によっては贈る品、慣習が残っている場合があります。慣習を忘れると失礼にあたりますので、ご両親、ご兄弟に確認するとよいです。

出産内祝いのマナーを守って相手を不快にさせない

出産内祝いの金額ですが、頂いたお祝いの1/2であれば問題ありません。会社の上司や近しい親戚の方ですと、お祝い金が多いことがあります。その場合は1/3以上でよいとされています。お祝いの金額が多い場合、お返しの金額が高くなると逆に相手が気を遣わせてしまったと感じてしまうことがあります。出産内祝いをお届けする際ですが、贈る品には「のし」を付けて包装すること、お礼の挨拶状を付けること、直接お届けすることが大切になってきます。ただし、慣れない育児などで忙しいですし、産後の体調もありますので直接お届けできないこともあります。郵送で構いませんが、電話でその旨を伝えるとよいでしょう。贈るタイミングですが、お祝いを頂いてから1ヶ月以内、長くても生後2ヶ月までには贈るようにしてください。お祝いして頂いたことへのお礼で出産内祝いを贈るので、相手が気持ちよく受け取れるように配慮が必要になります。

出産内祝いは相手のことを考えて選ぶのがポイント

出産内祝いを贈る際に大切なのは、相手のことを考えて内祝いを選ぶことが大切になります。相手の年齢や家族構成などを考えて選ぶのは大変だと思います。一律に内祝いを決めてしまうと贈る側は楽ですが、受け取った側からすると使い道に困ることに繋がりかねません。感謝の気持ちで贈ったものがかえって相手を不快にさせてしまうこともあります。出産内祝いで選ばれる品としては、タオル類、洗剤、日持ちするお菓子類など使い道に困らない品が喜ばれます。その他では、有名店のお菓子など手に入りづらい品や、普段自分では買わない品も喜んでもらえます。最近、内祝いで選ばれるのがカタログギフトです。選ぶ側も時間がかかりませんし、もらった側も自分の好きなものを選べられるので重宝されるようになってきています。出産後は何かと忙しいですし、産後の体調もありますので、出産前にある程度の目星を付けておくと負担も少なくなります。