品選びに頭を悩ませる出産内祝い

身内が出産をした際には必ず祝いの品を贈ります。それは現金、現物と様々です。これに対して、一か月程度の間にお祝いのお返しをすることを内祝いといいます。実はこの出産内祝い、何を送るべきか悩んでしまう方が多いです。自分たちへのお祝いの気持ちに対して、どのようなお返しをするのかというのは確かに難しい問題のように思えます。もちろん気持ちというのも大事ですが、探したり、決断したりするタイミングではあまり時間をかけたくはないでしょう。そんなみなさんに、ここでは出産内祝いの選び方、おすすめの贈り物の一例をご紹介します。ある程度選択肢を用意しておくことで、選択肢の中から相手に合ったものを選べば良いだけのことになるので、この問題を簡単に解決できるようになります。お悩みの際にはぜひ参考にしていただきたいです。

出産祝いに選ばれやすい物を紹介

ここでは出産内祝いの品をしっかり考えて決めたいという方のために、品選びの手順、考え方をご紹介します。まず予算を決めます。一般に相場は祝い金の3分の1から半額程度となっています。実際に金額が全てではありませんが、贈る相手にそういった儀礼的なものを重んじる方がいる場合は相場に合わせておくのが無難といえるでしょう。次にいよいよ予算内で何を送るかを考えます。無難なものがいいか、少し気を衒ったものにするかを選択します。この点に関しては好みです。無難なものであれば、お菓子や石鹸タオルのセットといった普通の物ほど、むしろ喜ばれます。気を衒うならば、自分が貰って嬉しい物で相手の好みのジャンルの物を選択します。ただし、日用品等を送る際は実用性やメンテナンス性を十分に調べておく必要があります。次の項目におすすめの贈り物の一例を紹介しますので、具体的な選択に困った方は参考にしてください。

無難それとも気を衒う?お勧めの贈り物を紹介

いくつかお勧めの出産内祝いを紹介します。迷ってしまったという方はこちらをご参考ください。まず、無難なものをお考えの方は、お菓子の詰め合わせ、ビール、食品詰め合わせ、バス用品、お茶コーヒーセットをお勧めします。これらはデパートをはじめ様々なお店で取り扱っているので、実物を見て決められるというのが優れた点です。この中から相手の好みに合ったものを選択すれば、好印象を得られます。また、お菓子はお菓子屋、酒は酒屋、というように各専門店がギフトセットを出しているので、これを利用するというのも有効です。気を衒うなら、少し変わった調理器具等いかがでしょう。最近出始めたものでは、ブレンダ―や低温調理器等は持っている人が少ない上、実用性も高いので、普段買うに至らずとも貰うと嬉しい贈り物となります。スポーツが好きな方にはユニフォームや観戦チケットを贈るというのも貰う側の気持ちに寄り添っていて非常に喜ばれます。