出産内祝いはいろんな人へお返しをするので難しい

出産経験がある方は、お祝いへの内祝いに悩んだことがあるでしょう。友人、職場の方、親戚まで、様々な人へそれぞれ喜ばれる出産内祝いを選ぶのは難しいことです。もし、失敗してしまったら、非常識だと思われないか、今後の人間関係に響くのはないかと不安になります。それ以上に相手方に喜んで頂きたいものです。一般的に貰って困らないものの代表例は消耗品です。例えば、洗剤のセットやタオルにお菓子です。ここで注意が必要なのはお菓子であれば焼き菓子など日持ちのするものを選ぶことです。またそこで人気なのはカタログギフトです。貰った人それぞれが自分で選ぶことができるので、こちらも間違いのないものと言えます。贈り物を選ぶ際はどんな時も相手の好みや暮らしぶりを考えて、貰って困らないもの、重なってもよいものを選ぶと良いです。

出産内祝いを失敗しない為に気を付けるべき点

生まれてきた我が子を祝福して頂く気持ちのこもった出産祝いに対して、感謝の気持ちを伝えるもの、それが出産内祝いです。昔のように形式張ったルールはないのですが、お祝い事には最低限守るべきマナーがあります。内祝いは相手の方が送っていただいた物や金額、また相手との関係性に合わせて予算を決めなければいけません。特に、目上の方へのお返しは気をつけるべきです。一般的には頂いた額の半分の半返しでお返しですが、年長の親戚の方には三分の一を目安に自分たちのできる範囲でお返しし、感謝の気持ちを表すことが大切です。お返しの金額が高価過ぎても、低すぎても、失礼にあたる場合があります。また届け方も大切です。カードや挨拶状を添えて、熨斗や包装もしっかりと行います。そして最後にお返しのタイミングです。お祝いを受け取ってから一か月後に遅れないようにします以上の点に特に気を配ることが大切です。

喜ばれる出産内祝いについて説明します

昔の出産内祝いは紅白饅頭や鰹節、砂糖など縁起物として送られていたようですが、現代では相手の好みに合わせて選ぶことが多いです。特にコーヒー、洗剤、タオルセットなどの日用品が贈られます。最近ではカタログにて内祝いの品に名前や誕生日を入れて、送ることも可能です。その場合オリジナルの生産となりますので、あらかじめ日数を考えて早めに注文することが必要です。また赤ちゃんの写真入りのメッセージカードを付けてくれるサービスもありますので、遠方でなかなか会えない親戚の方などに喜んでもらえます。発送する日を、大安に希望される方も多いです。お祝い事ですので、できる限りの礼を尽す気持ちを込めるべきです。お祝いをくださる方々は赤ちゃんの誕生を喜ばしく思っていただける方々ですから、産後の忙しい時期ではありますが、今後よりよい関係を築いていけるように配慮を怠らないようにします。

ご注文から最短でお届けいたします。 無料出産内祝いカードを添えて送ることができます。 商品を先様に手渡しでさしあげる時に便利な手さげ袋(有料)をご用意いたしました。 親しい友人には写真付きカードを添えるのもいい。 名前を覚えてもらうために名入れギフトが重宝されてます。 タテ・ヨコの20種類のデザインパターンからお好きなタイプをお選びいただけます。 無料出産内祝いカードを添えて送ることができます。 出産内祝いならKi-reiにお任せ